支払い方法

元金均等払いが有利

代表的なカードローンの支払い方法には、リボルビング払いがります。その中でも、元金均等払いと元利均等払いがありますが、どちらも一長一短がありますので、利用者の目的や状況に合った方法を選ぶべきです。

元金均等払い

元金均等払いとは、毎回同じ額の元金を返済するという支払い方法です。元金と併せて金利の支払い分もあることから、最初のうちは一回の返済額が多くなるという特徴があります。

しかし、一定額ずつ確実に減っていくことから、残った元金にかかる金利も同様に減っていくことになります。

元利均等払い

一方の元利均等払いとは、返済期間中一貫して元金と利息の合計額が常に一定になるようにする返済方法です。

この支払い方法は、最初のうちは一回の返済額の殆どが利息を占めてしまうことから、元金がなかなか減ってこないという特徴があります。元金が減らなければ必然的に金利も多くかかってしまうということです。

0

長期になると元金均等払いが有利

元金均等払いと元利均等払いの違いは、どちらも借りた元金は同じですが、元金にかかる金利に違いが出てきます。

返済が楽なのは元金均等払いになりますが、後々のことを考えると元金均等払いのほうが楽になることは間違いないでしょう。

当サイトの概要

0

利用規約